ディズニーシー

人間関係・職場環境は?ディズニーで働いてみた感想

前回はディズニー面接から採用に至るまでの流れをアップしましたが今回は早くも働いたあとの感想を述べることに。
というのも入社式の日に雇用契約書などを交わすのですがそれにサインした以上業務上知りえた事柄や内部事情などを外部に漏らすことはご法度とされているからです。
そんなのどこの会社でもそうなんですが特にこのディズニーというところは夢の国ですから中でリアルに働いていた人たちがそれを外部に漏らすと夢の国ではなくなってしまうからです。

ディズニーキャラクターたちの中にまさか人間が入っていると思っている人などいないでしょうね!?ってやつです。
それはディズニーにとっては損益、価値の損失でしかないですからね。

まあ当たり前のように情報は出回っていますので詳しい内部事情が知りたい方は他の方の書いたものを読んでいただいたほうがいいでしょう。


スポンサーリンク

今回書くのはあくまで私が働いてみて感じたことです。
多いので箇条書きにしてみます。

・キャストのディズニーに対する愛の深さがすごい

・キャストの仕事に対するプロ意識が異常に高い

・大学生が多いため若いパワーを感じられる

・思った以上にハードワーク

・一人で来ている人や男子だけのグループなども意外といる

・あれだけ長時間並ばされるゲストたちなのにキレる人がほとんどいない

・一緒に働くキャストが多すぎて名前が覚えられない

・土日祝日が忙しいため、あと電車が混むため週末は憂鬱

・キャストになってもキャラクターに会うとテンション超上がる

・男性キャストよりも女性キャストの方が強い いろんな意味で

別にキャストでなくゲストの視点からでもわかるようなことばかりですがざっと思いついたのでこんな感じです。
その中でもキャストのディズニーへの愛の深さや仕事に対するプロ意識が高い!これが一番強く印象に残ってます。

気になる人間関係

働く中で最重要視している方が多いのが人間関係ではないでしょうか。
やはりいくら夢の国ディズニーといえども中で動いている人は人間です。(ミッキーたちキャラクターは違いますが)

私はそんなに長く勤めていたわけではなかったのですがやはり人間どこで働こうが考え方や行動は人それぞれ、十人十色ですから衝突もありました。

ディズニーがいかに組織化されていようとあれだけの人間がいて、しかも大学生など若者が多いことを考えるとむしろ普通の会社などよりも問題は起こりやすいかもしれませんね。

女の子が泣いている姿などしょっちゅう目にしていましたし、楽しく仕事してたと思っていた新人の女の子が次の日からぱったりと来なくなったりということもありました。

個々での仲たがいなどはあったかもしれませんがそれでも全体的に見れば基本仲良く(上辺だけでないことを祈る)団結して仕事をしていたように見えました。


スポンサーリンク

仕事に対する熱意・プロ意識は正社員以上かも

まず片道2時間以上かけてきてるような人。ざらにいます。
どんなに忙しかろうが自分の体調が悪かろうがキャストは自分に与えられた役を完璧に演じ切ります。

きっと自分たちが小さい頃遊んで残ったいい思い出を、大人になった今壊さずにゲストに同じような気持ちを味わってもらえるよう切に願っているのでしょう。

入社当時ディズニーキャラクターの名前もろくに言えなかった時、仲間のキャストに「なんでディズニーで働いてるんですか?」
って言われたこともあるくらいディズニー愛が薄く申し訳なくなったこともあったくらいでした。

だって私、デイジーを知らなかったんですから!!

辞めるころにはすっかりディズニーキャラクターの中で一番好きなキャラクターになってましたけどね。

あとハードワークなのは当たり前ですよね。あれだけの数のゲストがいらっしゃるわけですから。
ディズニーのリピーターになる人の数は95%にも及ぶと言われています。
すごい数ですよね。100人来てるうちの95人はまた来る計算ですもんね。

この95%のリピート率の数字がどれくらいのスパンで算出されたものかはわかりませんがすごいですよね。

アトラクション一つ乗るのに平気で2時間とか待つんですよ!?
しかも関東圏に住んでいる人ならば日帰りで遊びにいくことなど非常に簡単なことかもしれませんがディズニーの来園者は沖縄から北海道もしくは外国からいらっしゃる方もいますよね。
パークチケットだけでも高額なのに加えて高い交通費や宿泊費を使い遠くからやってくる人もリピーターになっているということなのです。

リピートになる理由ってなんなんでしょうね。

・ミッキーやドナルド等ディズニーキャラクターに会える
・豊富な多彩なアトラクションに乗れる
・ディズニーという広大な敷地にある世界観。豪華な建物。異国情緒あふれる街並み
・キャストの親身な対応
・パーク内に流れる美しいBGM
・目でも楽しめるおいしい食事
・華麗なショーや豪華なパレード

理由は人それぞれ違うんでしょうがまた行きたくなるという動機づけに値するディズニーの魅力となるものの数が圧倒的に多いのでしょう。

もうディズニーを辞めたからといって内部を知ったからといってもう遊びにいきたくないと思うことはなくむしろもっと好きになれましたね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA