カラシビ味噌ラーメン

激辛・痺れを求めて~カラシビ味噌らー麺鬼金棒~神田

どうもトッシーです!暑中見舞い申し上げます。
こんな暑い日は食欲もダウン↓こんな時は辛いものが食べなくなるものです。

そこで今回お邪魔したのが神田駅東口近くの”カラシビ味噌らー麺 鬼金棒”です。
店名は「おににかなぼう」と読むのかと思っていたら『きかんぼう』と読むそうです。

”きかんぼう”と読みます
”きかんぼう”と読みます

店のすぐ隣に同系列の店”カラシビつけ麺 鬼金棒”もありましたが今回はラーメンからいただくことに。


スポンサーリンク


時刻は11時半なのに既に店の外にまで並んでいる人が。非常に刺激的ならー麺との噂を聞いていたため客層はごつい男性たちを想像していましたがなんとも女性客の多いこと!

辛い物好きの女性の方、ご安心ください!一人で来客されている女性もいらっしゃったので躊躇する必要はないかと思います。

店内に入るとまず券売機にて食券を購入します。
意外に多い女性客!そういえば自分の知り合いでも激辛大好きな女性を何人か知っているのを思い出しました。

今回選んだのはカラシビ味噌らー麺1000円。
『特』にして得するのは味玉プラス、もやしの量プラス、チャーシュー2枚にグレードアップすることです。

そして一番肝心なのが辛さとしびれを5段階のレベルから選べるということ。

≪抜き≫≪少なめ≫≪普通≫≪増し≫≪鬼増し≫

鬼増しのみ+100円となります。券売機に鬼殺し+300円なるトッピングもあったようななかったような。これは見なかったことにします。

今回初めての訪問だったためまずは辛さ≪普通≫痺れ≪普通≫にしました。

店内は暗めの照明に鬼を彷彿とさせる和太鼓BGM。

そして天井近くに飾られているいろんな種類の鬼の面。
地獄のような辛さを連想させます。

ドキドキしているときました。

着丼!!どーん!!

辛さ・痺れ≪普通≫
辛さ・痺れ≪普通≫

見よ!このビジュアルを。。。
見るからに辛いじゃあないか!しかし、、、


スポンサーリンク


スープを一口ごくり。

う、うまーい!!コクのある味噌に唐辛子と山椒が絶妙にマッチング。
後ひくカラシビがたまりません。これ、かつて食べた味噌らーめんの中で一番好き!

辛い物が食欲を増進させるとよく言いますがこのラーメンを食べて再度納得させられました。
あっという間に完食です。

スープ自体はけっこうオイリーなんですが味噌とからしびという魔法で油が旨味に変わっております。

と、いうことで後日再訪したのです。
辛さ・痺れともに≪増し≫をチョイス。

辛さ・痺れ≪増し≫
辛さ・痺れ≪増し≫

明らかに前回頼んだ辛さ・痺れ≪普通≫とは色が違います。そしてふりかけのようにてっぺんにかけられているのは唐辛子でしょうか。

これはやばいと思いつつ麺をすすると。。。
「ぶほっ ぶほっっ」

はい、むせ返るほどの辛さと痺れにやられました。
唇がひりひり痛く完食するので精一杯でした。

汗と鼻水が止まらなくなりティッシュ何枚使ったやら(笑)あと何杯水飲んだやら。。。

辛いの好きには超絶おすすめのお店です!
辛さレベルでは数年前にギネスブックにも載ったことがあるほどですから相当なものでしょう。

公式HPの動画情報では山椒は中国四川省のものを使っているとか。てっぺんに乗っているヤングコーンは鬼の金棒をイメージしてあるそうです。

鬼金棒
【住所】東京都千代田区鍛冶町2-10-10
【電話番号】03-3256-2960
【営業時間】月曜日~土曜日・祝日  11時~21時30分
日曜日         11時~16時
※2015年7月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA