鮮度が命!新鮮さを求めて東京イカセンターさんへ

東京駅八重洲北口から徒歩4分ほどでしょうか。
相方との2016新年会の場所に選んだのは東京イカセンターさん。
店内はほぼ満席。予約していなかったのですが奥の座敷が空いていたので通してもらいました。
店内の中心に生簀(いけす)がありイカやカワハギが元気よく泳いでおりました。1452555137291

着席。イカの箸置きがお出迎え。かわいい!
かわいいんですがなぜかデフォルトの状態でイカが向こうを向いておりました。


スポンサーリンク

お通しは牡蠣の甘煮。
とっても甘いんですが牡蠣の旨味と大根おろしでバランスよく仕上がってます。

次いで新年ということでなんと日本酒がサービスで振る舞われました。
これは本当に予想外で超テンションあがりましたね。

この振舞い酒は静岡のお酒とのこと。ほどよい辛口でさっぱりした飲み口。
ところでこの枡酒。いざ飲もうとすると四角いのでどこから飲むんだろうと思った私。

まずは角からいただきます。んーうまい!

しかしその場で升酒の飲み方を調べてみると角ではなく水平の部分で飲むのが正しいのだとか。
実際やってみるとすごく飲みにくいんですよね。こぼしそう。

イカのてんぷら
イカのてんぷら

続いて登場はイカの天ぷら。800円くらい。

イカセンターに来たらイカのお刺身を食べようと思っていたのですがこれが中々のお値段。
生き物なので大小あるでしょうし時価で本日のお値段なんと4,500円でございました。

他に魚の刺身も食べたかったので今回は我慢することにしてイカ天にしました。

レモンを絞って塩で食べるとイカの甘味がより一層引き立てられておいしいです。

鮮烈 活盛 ”特盛”
鮮烈 活盛 ”特盛”

そして来ましたお刺身!特盛は通常1,800円で7点盛りなのでこの日は種類が少ないようで5点盛りとなり値段も1,500にしてもらいました。


スポンサーリンク


写真左上上段からサバ、ヒラマサ、タコ、下段になめろうとダシ焼き卵です。
薬味にわさび、しょうが、柚子胡椒。
???刺身5点盛りのはずが4点しかない。
まさか5点の中に卵焼きが含まれている?
これには納得が行かなかったのですが振舞い酒をいただいていることを考えると申し出たい気持ちをぐっと我慢です。

そしてお刺身の味の方はもちろんのことながら新鮮で脂がのっておりました。
特にヒラマサ!ブリと似た魚でジューシーです。
厚みがあったので食べ応えも十分でした。

ここでイカの塩辛が来てないことに気づいて店員さん呼ぶとすぐ来ました。
いか屋の塩辛300円。日本酒がすすみます。

1452555177809
ホタテのグラタン

最後にホタテのグラタン。イカの箸置きとコラボさせてみました。
500円くらいだったでしょうか。
ホタテがたっぷり入っててクリーミー♪

振舞い酒ごちそうさまでした。
次回はイカの姿造り食べにいきます!

それにしても余談ですが東京駅を境に丸の内は千代田区で八重洲は中央区なんですねー。
東京駅そのものは千代田区になるようです。勉強になりました。

東京イカセンター
住所:東京都中央区八重洲1-4-16 八重仲ダイニングB1
営業時間:昼 11:30~14:00
夜 17:30~23:00(土のみ22:30まで)
定休日:日曜祝日
※2016年1月に訪問しました。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA