山盛りローストビーフ!赤身肉を丼で食らうならレッドロックへ~高田馬場店

東京ではもはやローストビーフ丼の代名詞といえるほど知名度が高くなったレッドロック(RedRock)。
ミーハーな自分としてはぜひ行っておかなければなるまいということで訪問へ。

外観

高田馬場駅から徒歩5分ほど歩いたところにお店があります。
混雑するのは百も承知だったためランチ時を外して16時に伺いました。


スポンサーリンク

しかし、橋の先まで伸びる行列に呆気にとられてしまいました。
並んでいるのは10代20代の若者が圧倒的大多数です。カップル多し!

高田馬場といえば早稲田大学や東京富士大学など近くに学校が多いですからそのため自然と若年層が多いんでしょうね。

待つこと約一時間!一人で行く方は暇つぶしできるもの用意しておくことをおすすめします。

内観
内観

店内はカウンター席が多く通路ははっきり言って狭いです。
そして照明が暗く設定されているので壁にかけられている牛のオブジェがちょっと怖い…

オーダーは私ステーキ丼大盛。相方ローストビーフ丼大盛。
席に着いてから10分ほどできました。

ローストビーフ丼大盛り ¥1150
ローストビーフ丼大盛り ¥1150

このビジュアル見てください!肉がてんこ盛りです。
もはや山盛りですね。上にかかっているソースはマヨネーズソースかタルタルソースかなあと思ってたんですが公式情報ではヨーグルトソースということでした。
酸味のあるヨーグルトソースと甘辛のステーキソースが絶妙です。


スポンサーリンク


丼が上げ底になっているので大盛りといってもご飯の量はそこまでではありませんでしたね。

続いてステーキ丼。

ステーキ丼大盛り ¥1250
ステーキ丼大盛り ¥1250

ビジュアルではローストビーフ丼にかないませんが私はこちらの方が食欲をそそるといいますかご飯が進みそうな気がしました。

お肉の焼き方はレア。
アメリカンビーフを頬張ればそこはジューシーな食感と赤身の旨味が口いっぱいに広がります。
噛めば噛むほど甘辛のタレとよく絡むんです。

量が多かったのもあったせいか最後の方は顎が疲れるほどでした。

人気としてはローストビーフ丼の方が高いですがステーキ丼とどっちか迷っているなら好きな肉質のほうを選ぶべきですね。
あとローストビーフ丼の方がタレがさっぱりしていますね。

これであとは長時間並ばなくてよければ何も言うことないんですけどね。
長蛇の列ができるからこそここまでの料理を低価格で提供できると考えるならば行列もある程度必要なのでしょう。

赤身肉ブームを引率しているといっても過言ではないレッドロック。
新店舗もどんどんオープンしていってるようなので更なる新メニューにも挑戦してもらいたいですね。

RedRock(レッドロック)高田馬場店
住所:東京都豊島区高田3-11-14
営業時間:11:30~24:00 日曜~23:00
ラストオーダー 1時間前
電話番号:03-6380-3917
※2015年9月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA