豆苗の山。神名備(かむなび)ごまの酸辣麺は痺れるうまさ!~千駄木・西日暮里

前回高評価でしかも一杯1200円する「神名備」のラーメンをご紹介させていただきました。前回の記事はこちら↓
一杯1200円!~神名備(かむなび)のラーメンは高い!?

塩らーめん ¥1200
塩らーめん ¥1200

表面積の大きさのみならず厚さ1cmを超えるほどの大ボリュームのチャーシューは存在感が半端なく、もはや山のようにそびえたっているようにも見えます。


スポンサーリンク

味の方は八角が効いたパンチのある味に加えて、箸で持ち上げただけでほろほろと崩れるほどよく煮込まれた上質なものでした。

メニュー
メニュー

しかし、塩ラーメンと醤油ラーメンが1200円であるのに対し、チャーシュー麺は1900円。
これはただでさえボリュームのあるチャーシューの量が更に多いのでしょう。
想像はつきます。

ただ、その横にある「ごまの酸辣麺」1900円。
これはチャーシュー麺ではないのにノーマルでなぜ1900円も!?
メニューの説明書きにはこうあります。
「酸味、辛さのバランスが絶妙です。無化調スープも是非召し上がって下さい。大人向けのお味です。(爽やかな辛さ!)」

むう、この説明だけでは味の想像がまったくつかない。
しかも1900円の税込ともなると一杯2000円を超えるわけです。

かなり勇気はいりましたが前回の醤油ラーメン、塩ラーメンが非常においしかったものですから必然的にそれよりも高いごまの酸辣麺なら間違いなくうまいだろうと踏んだわけです。

早速注文してみました。

ごまの酸辣麺 ¥1900
ごまの酸辣麺 ¥1900

見てください!この丼ぶりを覆い尽くした上、山のように盛られている豆苗を。


スポンサーリンク


醤油ラーメン、塩ラーメンにはたくさんのネギがトッピングされていたのですがそのネギの面影はこちらにはありません。
1459690805268味はというとごまの酸辣麺ですから担担麺の味を想像していたんですがそれとはまたちょっと違う味。
いろんな香辛料がブレンドされたようなパンチの効いた味。
ごまの量がすごい!食べる際はごまが沈殿するのでよく混ぜましょう。

メニューに辛さとありましたが辛いというよりかは痺れ感もあったので山椒などもたくさん使われているのでしょう。
「鬼金棒」のシビカラ味噌ラーメンを食べた時の衝撃が思い起こされました。

店内カウンター席の上にたくさんの種類の香辛料が瓶に入っていたのでこれらをふんだんに使っているスープなんだろうなと伺い知れました。
山椒、花椒、クコの実など全部で10種類以上あったと思います。

もちろん大ボリュームのチャーシューもちゃんと豆苗の下に入っておりました。
そして普段食べ慣れていないしゃきしゃきさっぱりとした豆苗がこれまた濃厚なごまのスープに合う!

ちなみにこの豆苗、ベータカロチンがほうれんそうよりも豊富に含まれているそうでエンドウの若菜だそうです。

あまりに山盛りの豆苗なため食べやすいように避難用の別皿を女将さんが用意してくれます。

そう、前回も取り上げたのがここの女将さんの接客が素晴らしいということ。
お客さん一人一人にきめ細やかな配慮や親切で温かい言葉を欠かさないのです。

大将と女将の二人で店を回していて待ちの列もでき忙しい中それら接客を疎かにしない女将は本当にお店の鏡ですね。

それでもってラーメンも最高においしいわけですから文句のつけどころがないですね。

まああるとすればそれは値段が高いことなのでしょうが値段を下げてクオリティーが下がるのであればそれは逆にやめてほしいですね。

日曜の14時くらいに伺ったのですが後から来たお客さんは「もう今日は終わったんです~」と言われて泣く泣く帰っていく人が後を絶ちませんでした。
早めの時間に行かれることをおすすめします。

神名備 (かむなび)
住所:東京都文京区千駄木4-21-3
営業時間 11:45~15:00
土・日 12:00~15:00 18:00~21:00
(昼夜ともスープ無くなり次第終了)
定休日:月・火
※2016年4月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA