牡蠣好きにはたまらない!新宿3丁目のオイスターバー「オストレア」

私はよく好きな食べ物は何?好物は?と聞かれると「うーん、何だろう」と少し考え込んだ後、焼肉かなあ、お寿司かなあ、ケーキかなあ、チョコレートかなあなんて漠然とした答えをすることがよくあります。

そんな質問急に言われると困っちゃいますよね。
決して食に対する関心がないわけではありません。
おいしいものはたくさん存在するので答えに詰まるんですね。

お寿司といってもじゃあネタは何が好きなのか?
ケーキといっても何のケーキが好きなのか?
これらに答えてはじめて質問の答えになるのでしょう。


スポンサーリンク

でもお寿司ならウニも好き、イクラも好き、マグロも好き。
ケーキならショートケーキもチーズケーキもチョコレートケーキも好きと。
うまく答えられないことがもどかしく、自分はこれが一番好きなんだ!と言えるものが欲しかった今日この頃。

前置きが長くなってしまいましたが先日相方と新宿3丁目にあるオイスターバー「オストレア」に行ってまいりました。

オイスターバー、つまり牡蠣専門店ですね。
結論から申し上げますと私が長年苦しんできて導き出した冒頭の質問の答えは「牡蠣」に落ち着きました!!

元々牡蠣という食材が大好きだった私。
カキフライ、焼き牡蠣、牡蠣の入った海鮮鍋、土手鍋、牡蠣の炊き込みごはんなどなどどれもおいしいですよね。

牡蠣にも色々な食べ方があるかとは思いますがこちらのお店で食べた特に2品!
この2品があまりにも絶品すぎてその虜になってしまいました。

外観は少し建物が古いのですがそれがいかされているレトロでモダンな雰囲気になっています。
店内も暗めでムードがあっていいですね。

小海老のアヒージョ
小海老のアヒージョ ¥750

カリカリ豚耳サラダ(¥780)を食べながら牡蠣の炭火焼き(1個¥500)が来るのを待ちます。

サラダを食べ終えると牡蠣と小海老のアヒージョが到着!
つつきながら一緒に出てきたフォカッチャをほおばります。

このフォカッチャがまたおいしい!写真のものが4つも出てきました。
外はカリカリ、中はもちもち。
アヒージョがよく絡みますねー。
これだけで大満足といった感じです。

牡蠣も大ぶりなものでジューシーでめちゃくちゃおいしいです!
こちらのお店、日本中のみならず世界中の牡蠣までも取り揃えているまさに牡蠣専門店。
しかも生で食べられるというのだから通にはたまりませんね。

国産で一番高かったのは広島産かと思いきや三重県産でした。
時価なんでしょうが確か1個1300円くらいだったかと思います。

話はそれますが三重県は食材の宝庫ですね。
松坂牛、伊勢海老に加えて牡蠣までも最高級!
県民の皆さんがうらやましい限りです。


スポンサーリンク


さて、本題の絶品2品をご紹介しましょう。

牡蠣のウニバター焼き ¥650
牡蠣のウニバター焼き ¥650(1個)

まずは牡蠣のウニバター焼き。
これは使われている食材が牡蠣とウニというかなり贅沢なものですよね。
でも旨味の強いこの二つの食材、ぶつかり合うどころか旨味の相乗効果で極上の味を生んでいます。
磯の香りが強い牡蠣をマイルドでコクのあるウニバターで包み込む。
これはもう牡蠣、ウニ好きには絶対食べてもらいたい一品です!

牡蠣と大葉のリゾット ¥1350
牡蠣と大葉のリゾット ¥1350

つづいて牡蠣と大葉のリゾット。
これには牡蠣が4個ほど入っており、牡蠣の旨味がお米全てに行き渡っています。
そこにさっぱりとした大葉の香りが絶妙にマッチしています。

私の今まで食べてきたリゾットで一番好きなのが青山にあるラピュタガーデンに入っているリストランテ「ラグナテラスステラ」のポルチーニ茸のリゾットなんですがそれと甲乙つけがたい逸品です。

以上この二品、自分の大好物だと胸を張って言える料理でした!
リピート間違いなしです。

オストレア 新宿3丁目店
住所:東京都新宿区新宿3-3-5 1F・2F・3F
電話:03-5361-8181
営業時間:月~金17:00~23:30(ラストオーダー22:30)
土12:00~23:30(ラストオーダー22:30)
日・祝12:00~23:00(ラストオーダー22:00)
※2016年5月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA