麻婆と味噌のコラボ!激辛を求めて~蒙古タンメン中本御徒町店~

どうもトッシーです!
東京も梅雨入りして嫌な季節になりましたね。
こんな暑くてジメジメした日は辛い物が食べたくなります。

冬だろうが夏だろうが好きなので年中辛いの食べるんですけどね。。

今回お邪魔したのはいまや激辛ラーメンの代名詞ともいえるほど有名な蒙古タンメン中本。


スポンサーリンク

都内に店舗が集中しており、伺ったのは中でも口コミ評価の高かった御徒町店です。

外観
外観

御徒町駅南口から徒歩1分のところにありアクセスはかなりいいですね。
ガード下にあり、向かいに日高屋があります。

日曜の14時過ぎに伺ったのですが店の外に列ができており5人ほど並んでおりました。
そして店内にふと目をやると中にも列ができており8人くらいはいましたね。

東京に来て3年、人混みや行列にはもう慣れました。
むしろ行列はうまい証!!
黙って待つ以外ありません。

メニュー
メニュー

店の外側のガラスにメニューが貼っており待つ間じっくり選べます。
辛さが炎マークの数で表されております。

炎マークが1個から10個まであって一番人気は店の看板メニュー蒙古タンメン(炎マーク5個)でしたので初めての私はこちらをチョイス。

店内の券売機で購入後更に待ちます。
この辛い系を売りにしているお店は通常の行列店に比べて待ち時間が長いんですよね。
店内でみんなが食べてるのを見てると辛いせいで箸がなかなか進まない。
その上辛い物好きの女性もけっこういらっしゃるので尚更食べるスピードが遅いんですよね。

蒙古タンメン ¥800
蒙古タンメン ¥800

そうこうしていると到着。
蒙古タンメン800円です。
赤い!実に赤いラーメンが到着しました。
なんかラーメンの上に麻婆豆腐が乗っているんですね。


スポンサーリンク


これがとても辛い!!
最初は分離していたのでベースとなる味噌ラーメン(炎マーク3個)のスープをすするとあっさりだけどコクのある味で期待が高まります。

次に麻婆。辛い!!唐辛子の辛さがダイレクトにきます!
とてもじゃないが辛いので味噌と麻婆豆腐を融合させます。

すると、、、ん?辛さがちょうどいい具合になりましたねー。
味噌感は薄れて別の味に変わってしまいましたがこれが「蒙古タンメン」なのでしょう。
1465137307351食べ終わった後ですがスープは飲み干すことはできませんでした。
器の淵には赤い唐辛子が点々と残っているのがお分かりでしょう。

辛くて食べれるか心配でしたが意外にいけましたね。
ただ次の日お尻が痛くなったということは本物の辛さの証でしょう。

これの倍の炎マーク10個など食べたらどうなるか分かったものではありませんね。

店員さんも皆感じがよくお客さんも常連さんが多く気さくに店員さんとお客さんがやり取りしているのを目にしてほっこりしましたね。

店を後にし帰りに向かいの日高屋をふと見ると麻婆豆腐の幟が立っているではありませんか!!
なんかこうメラメラと対抗意識を燃やしているように感じられました。

蒙古タンメン中本 御徒町店
住所: 東京都台東区上野5-10-14 第二御徒町橋高架下
電話:03-5688-1233
営業時間:[月~土]10:30~24:00
[日]10:30~23:00
※2016年6月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA