【濃厚】これぞ魚介系!いづるの煮干しらーめん~大門・浜松町

どうもトッシーです!
大門、浜松町といえば東京でも屈指のオフィス街。
オフィスビルがそこかしこに立ち並ぶ中、お昼はランチの激戦区へと変化します。

その中でもひときわ賑わっているお店がそう、サラリーマンたちの憩いの場、ラーメン店です。

激戦区なので当然飲食店の入れ替わりも早いわけです。
新しい店ができると注目を浴びますが「あれ?ここ前は何の店だっけ?」なんてことはあるあるですね。


スポンサーリンク


そんな激戦区の中オープンしたラーメン屋のひとつに行ってまいりました。
その名も「中華そば いづる」。

路地に入ったところに店があります

場所は大門駅近くのマクドナルドのすぐ側にあるのですが、路地に入らないといけないため少し分かりづらいかもしれません。吉野家の並びといえば分かりやすいでしょうか。
路地に入るとすぐちょうちんが目に入ると思います。
「いづる 煮干し」と力強く書いてあるのが目印です。

メニューはいたってシンプル

メインメニューは煮干しらーめんと濃厚煮干しらーめんの二種類のみ。
あとはトッピングやライス類になります。

初回訪問の際は濃厚煮干しらーめん780円をいただきました。

味玉濃厚煮干しラーメン880円

長くカットされたネギとなるとのかまぼこが印象的ですね。
そして煮干しの魚粉で濁りきったスープが強烈な煮干しの香りを放っています。


スポンサーリンク


チャーシューは2枚。
白髪ねぎにこれまたながーいメンマが隠れていました。

スープを一口。
うーん強烈!口の中が煮干し一色になります!
そして塩分濃いめ。
これは本当に魚介系好きな方じゃないとけっこうきついかもしれません。

麺アップ

そして麺。
見てお分かりの通り細い!
博多とんこつラーメンの麺と同じくらい細いです。
デフォルトのオーダーで中々の固さ。ノーマルで十分固いのですが他のお客さんで固めのオーダーをする方もいたのでそういう注文も聞いてくれるお店のようです。

これだけ濃い煮干しダシならさぞかしカルシウムがたっぷり摂れて体に良いことだろうと思って後でふと調べてみると、なんとこの煮干しダシには微々たる量のカルシウムしか含まれていないということがわかりました。

カルシウムは水に溶けにくい性質を持っているようで、煮干しダシのカルシウム摂取量はそのまま煮干しを食べた時に比べて700分の1ほどしかないようです。

とほほですね。トホホ。

そして二回目の訪問で濃厚ではない普通の煮干しらーめんをオーダー。

煮干しらーめん700円

どうでしょう?濃厚煮干しらーめんと比較してだいぶスープが澄んでいるのがお分かりかと思います。

食べてみての感想ですが私はこちらの方がバランスが取れていて好きですね。
濃厚の方は人によっては臭くすら思えるほどの魚介の香りが口いっぱいに広がりますからね。

卓上に昆布酢とペッパーが置いてあったので試してみたのですが自分としては酸っぱくなっただけで微妙でした。

チャーシューは自分の好きなやつでした。
薄く見えますが部分的には0.5cmくらいの厚みもあってしかもローストビーフのような歯応えがいいですね。

あとストレートの細麺なのでツルツルと食べれてしまうので男性には量的に少なく思う方もいるかもしれません。
そういう方は替え玉が200円で販売しているので現金手渡しで買えます。
オーダーの際に大盛の食券を買うこともできるようです。

それにしても東京オフィス街ランチ激戦区はおいしいお店に入れても後に続いて待ってる人がいるのでゆっくり食事もできないのが残念なところです。
二人組で入っても先に食べ終えたほうから店を出ていくなんてこともしばしばですよね。
せちがらい世の中ですねー
愚痴になってすみません!w

ともあれ魚介らーめんって意外と少ないと思うので好きな方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

中華そば いづる
住所:東京都港区芝大門2-1-18
営業時間:11:30~15:00 18:00~21:00
※スープがなくなり次第終了。お店の情報は変わることがございます。


にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA