軍配はどちらに?日高屋の野菜たっぷりタンメンVS新橋の「タンメンしゃきしゃき」

関東圏内ではマクドナルドと同じくらい店舗数あるんじゃないだろうかというくらい関東圏では知名度が高い熱烈中華食堂「日高屋」。

私は関東圏外から上京したものですから東京に来て初めてその存在を知ったわけですが。

好きなメニューはラーメン人気ナンバーワンのメニューが「野菜たっぷりタンメン」ですね。
麺チェーン総選挙2016年において10位という記録。
あっさりした塩味のスープと文字通りたっぷりの野菜で500円!
財布もお腹も大満足な一品なわけですが、じゃあ他の店のタンメンはどんな感じなんだろうとふと思い立ち、タンメンの人気店を調べてみました。

スポンサーリンク


すると新橋におすすめのお店がありました。
その名も「タンメンしゃきしゃき」

新橋駅方面から虎ノ門ヒルズに伸びる環二通りから路地に入ったところにお店があります。
新橋駅から徒歩5、6分というところでしょうか。

看板にはタンメン専門店の文字が

控えめな看板と入口ですが平日だと行列ができているようです。
この日は日曜の昼過ぎだったため静かでしたね。

レディスセットは男性もOK!w

入ってすぐの券売機にてタンメン700円と餃子450円を購入。
大盛だと800円。
店内は細長く奥に伸びていて15席くらいですかね。

自家製ラー油あり!

お客さんは曜日や時間帯のせいもあってかまばらでほどなくして着丼。

今にもすすりたくなるスープ

皆さんなら何から手をつけますか?
麺類ならやはりスープでしょう!


スポンサーリンク


特に初めて訪れたお店のスープをすする時の期待とドキドキ感は至福の時でございますねー。
味はうーん優しい塩味の鶏ガラスープに癒されます。ほっとする味ですね。
野菜の甘味と鶏ガラの旨味が日高屋さんのタンメンより一層洗練されているように感じました。

平ちぢれ麺がぷりぷりの食感を生み出す

続いては麺。
少し平た目の縮れ麺が使われてました。
これが麺をすすった時に独特のぷりぷり感を生み出すんですね。少し固めでぷりぷりの麺がしゃきしゃきの野菜とあわさって本当においしいです。

餃子を割ってみました

餃子は自家製辣油につけていただきます。
生地が厚めで野菜たっぷりの食べ応えのある餃子でした。
餃子は持ち帰りもできるようですね。

【結果】
日高屋の野菜たっぷりタンメンとタンメンしゃきしゃきのタンメンどちらに軍配があがるかということですが、私としてはタンメンしゃきしゃきのタンメンが好きですね。

決め手はこの平縮れ麺とスープの旨味ですね。
それでも日高屋のタンメンは500円であのクオリティを出しているという点を考えると素晴らしいと言わざるを得ません。

昨今パンチの効いた食べ物ばかりが注目されがちですが、たまにはタンメンでほっと一息いかがでしょうか?

タンメンしゃきしゃき 新橋店
住所:東京都港区新橋4-6-7
電話番号:03-3437-7222
営業時間:月~金11:00~23:30 土・日・祝11:00~22:00
定休日:無休
※2017年1月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA