ダンダダン酒場外観

肉汁ほとばしる餃子!ダンダダン酒場西葛西店

餃子でご飯って進みます?
私としては餃子×ごはんってあんまりあわないんですよね。
小麦と米で炭水化物×炭水化物になるじゃないですか。

なので私としてはお好み焼き×ごはんの組み合わせも微妙ですね。

ただし、相方はこの組み合わせが大好きなのです。
餃子とライスが食べたいというリクエストにお応えして訪れたのは西葛西駅のガード下にある居酒屋。

ダンダダン酒場外観
派手な暖簾でお出迎え

その名も肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場。
何でダンダダンなのかはさておき、大衆居酒屋の匂いがぷんぷんするお店。


スポンサーリンク


平日の夜でしたが店内は空席が目立ちます。
心配しつつも入店すると若い男性店員が元気よくお出迎えしてくれました。

壁に餃子
壁がど派手

壁にも「餃」の文字が。迫力がすごいです。
これだけ店全体で餃子を推してるので相当こだわりがあるのでしょう。

相方の要望通り餃子とライスを注文。
居酒屋メニュー肉汁焼餃子を頼まずして何頼む!?

焼餃子6個450円×2を注文。
はて、どんな餃子なのか!!

ちなみに私が好きな餃子は博多餃子ですね。
小ぶりなんですが薄皮でパリッとしてるやつです。

そして餃子のタレに辣油ではなくからしをつけて食べるのがたまらないですねー。一口サイズの餃子なので肉汁が逃げる心配もありません。

餃子二人前
ダンダダン!!

皿からはみださんばかりの餃子たちがダンダダンとやってきました。


スポンサーリンク


店員さんがひとこと。
「お味ついておりますので何もつけずにそのままお召し上がりください」

なぬ!?
店全体で餃子をアピールし、メニューを見ても餃子一押しのお店の餃子を何もつけずに召し上がれと!?

これほどまでの餃子自信…いまだかつて聞いたことがありません。

ハードルが極限まで上がったところで深呼吸して心を落ち着かせます。

見たところサイズは小さくもなく大きくもない。

肉汁たっぷりの餃子
肉汁決壊注意?

 

自慢の餃子はタレを必要としない

ぱくり。
お!うまい!普通においしい。
具の味が濃いめでしょうがも効いています。確かにこれならタレなしで食べられますね。
皮は決して薄くなくもっちりしっかりしてます。
肉汁餃子の肉汁を決壊させようと割ってみたましたがそこまでではありませんでした。

餃子専門店をにおわせるお店でしたがいざメニューを見てみると焼餃子の他に水餃子と手羽餃子があるだけでした。

逆にいえばこの焼餃子で勝負してるお店なのでしょう。
相方もご飯が進んだらしくモリモリ食べて満足満足。

馬刺しも推してるみたいだったので次は馬刺しもいただきたいですね。

肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 西葛西店
住所:東京都江戸川区西葛西6-7-2西葛西メトログルメ・ショッピングセンター3番街
電話番号:03-5679-6305
営業時間:月曜~金曜 11:30-14:00 17:00-24:00
土曜・日曜:11:30-24:00
定休日:なし
※2017年4月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA