おにやんま外観

【本格!】新橋で立ち食いさぬきうどん~おにやんま

居酒屋を出たのは22時。
金曜日の新橋、22時を過ぎてもまだまだ喧騒に包まれています。

飲みに行った後はやはり”〆”(しめ)でしょう。
皆さんは〆といえば何が好きでしょう?

我が家のピスケとキイロイトリ

ピスケ「しめ??絞めないでピ!」
キイロイトリ「ピーーーーー!!」

一番ポピュラーというかオーソドックスなのがラーメンでしょう。
夜遅くまで開いている店も多いですし何より麺類なのでずるずると箸の進みも良くなる。

そんなわけでラーメン屋を探して繁華街をさまよっていると何やら気になるお店を発見。
桜田公園に隣接する場所にありました。

おにやんま外観
インパクト大の店名!まが切れてますがおにやんまです。

その名もおにやんま。
オニヤンマといえば日本最大のトンボのことでしょう。


スポンサーリンク


名前を聞いただけでビビっときました。これはきっとうまいラーメン屋に違いない!そう嗅覚が反応するもつかの間、

うどんのおにやんま
味のある看板に味のある店名。絶対にうまいはず

でかでかとうどんの看板がありました。
しかしこのインパクトのある店名とこの味のある看板、多分人気店なんだろうなーと思い、突入しました。

券売機にてかけうどん、ぶっかけうどんを購入。

おにやんま店内
洗濯物入れるかごがたくさん荷物入れに

店内はなかなか広いのですが椅子がひとつも見当たりません。
こちらは立ち食いのお店のようですね。
東京は立ち食いそば屋さんは多いけど立ち食いのうどん屋さんは少ない気がします。

小麦粉
店内で製麺しているのか小麦粉が大量に

店内にはいりこのダシの素?や讃岐・白鳳と書かれた小麦粉ぽいものがたくさん積まれていました。
どうやらこのお店で製麺しているようです。そしてさぬきうどんであるということ。

ぶっかけうどん
シンプルなぶっかけうどん

注文したぶっかけうどん、手打ち感のある不揃いの麺が食欲をそそります。

讃岐うどんといえばやはりコシのある麺!
冷のぶっかけうどんにして正解でした。

あったかいツユのかけうどんだと冷に比べてどうしても麺が少し柔くなってしまうからです。

麺のコシとイリコのダシが効いてかなりおいしいです!
神田の香川一福のうどんと比べても決して引けをとらないうまさ。

他のメニューもいろいろ試してみたくなりました。

製麺場
やはり店内にて製麺されていました。

帰り際に製麺場を見つけました。
別段製麺機のようなものも見当たらなかったので手打ちの可能性が高いですね。

店の看板でぶっかけやかけうどんよりも目立つ一番上に書かれていたとり天ちくわ店うどんが気になってしようがないので再訪します。

おにやんま 新橋店
住所:東京都港区新橋3-16-23
電話番号:なし
営業時間:
月~金 7:00-23:00
土・日・祝 7:00-15:00
定休日:なし
※2017年4月訪問。お店の情報は変わることがございます。

にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA