DX台湾まぜそば

【元祖】台湾まぜそば!にんにくが凄まじい~はるか秋葉原店

どうも!トッシーです。

お盆休み、東京の人口も減っているのではなかろうか。
現に電車が混んでいない。

であればいつも人気のお店も混んでいないのでは!?

という閃きにより、いつもは大抵30分ほど待たされる人気の台湾まぜそばが食べられるお店へやってきました。

はるか秋葉原店。
ドン・キホーテの向かいにあるビルの地下一階にあります。
今回4回目の訪問になります。

麺屋はるか看板
周りが賑やかな店ばかりなので見落としそうになります

台湾まぜそばはおろか油そばすら数年前まで知らなかった私。

油そばを好きになって以降混ぜそばというワードに敏感になり台湾まぜそばも食べましたがどちらもうまいのです。

ただ台湾まぜそばはまだまだ経験値が少ないので比較するには人気の元祖台湾まぜそばを食べるしかないであろうと踏んで足を運んでいるお店になります。

麺屋はるか券売機
どれを食べるか迷ってしまうラインナップ!

食欲をそそる写真と豊富なメニューで券売機の前で固まってしまうこともしばしばです。

初訪は様子見ということもありドノーマルな台湾まぜそばをいただきました。
にんにくの有無を聞かれるので入れてもらいます。

台湾まぜそば
ノーマルがうまい!

着丼。実に美しい盛り方です。
見ただけでかき混ぜたくなる衝動に駆られるのは私だけでしょうかw

細かい具材たちが早く混ぜてと言わんばかりに訴えかけてきていますよねw

のり、ネギ、魚粉、ニンニク、にら、卵黄、ミンチ。
これらは台湾混ぜそばとは切っても切れないものでこれが混ぜ合わされて一つになったとき、幸せが訪れるのです。

台湾まぜそば混ぜた後
すべてが一体となった今、幸せが訪れるのですw

この写真見ると量が少ないように見えますがそんなことはありません。
もちもちの太麺があらゆるトッピングを纏って非常に重たくなっています。

旨味が凝縮された麺。
味はニンニクしょうゆで魚粉香るパンチの効いた味です。

スポンサーリンク




そして麺を食べ終わった後に残ったエキスとトッピングたちに白米を投入できるという素晴らしいイベントまで用意されています。

これすなわち「追い飯(おいめし)」。
〆のラーメン、〆のデザートなどとよく言いますが、私にとっては〆の追い飯が今一番熱いです!

エキスを全て吸った白米は、息つく暇も与えることを許してくれず喉を通っていきます。
それぐらい夢中になるほどおいしいんです!
担々麺ちなみにこちらは担々台湾まぜそば。
こちらもごまが効いてきて通常の台湾まぜそばと比べるとマイルドな仕上がりでした。

そしてこの台湾まぜそばを2回、3回と食べていったのですが、回を追うごとに「ん?ちょっと味が濃すぎやしないか?しょっぱすぎやしないか?」と思うようになったのです。

如実にそれを感じたのが4回目の訪問でDX台湾まぜそばを頼んだ時でした。
DX台湾まぜそば通常の台湾まぜそばと比べるとトッピングの量が多めなのと角煮のようなチャーシューと煮卵、それから海苔が入っていました。

一口食べた際のうまい!という感動はさすがといいますか本当に幸せな気分になるのですが食べ進むにつれてやっぱり味が濃いと思いましたね。

まあよくよく考えれば写真の量のニンニクや魚粉、ネギにニラがこれだけ入ってれば辛い要素満載ですよね。

食べた後、胃がもたれます。

ファミリー勢揃い
お盆だよ!全員集合!w

キイロイトリにうるにゃ、カナヘイにピスケ。
盆の帰省で親戚一同が記念写真撮ってるみたいだなw

周りのお客さんのオーダーの仕方を聞いてて学んだのがにんにくの量を少なめでオーダーしている人がけっこういたこと。

やはり常連さんは辛いのに気づいているのでしょうか。
私も次回からはにんにく少な目で注文してみることにします。

はるか秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田3-13-7 田中無線電機ビルB1F
電話番号:050-5571-6519
営業時間:平日11:00-23:00  土日祝10:00-23:00
定休日:なし
※2017年8月訪問。お店の情報は変わることがございます。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA