江戸前天せいろ

巨大穴子天!南砂町のお蕎麦屋で絶品天ぷらをいただく~いなりや

南砂町駅。
下車された方はご存知でしょうが駅周りが非常に寂しい。

なんていうか東京に限ったことではないですが、駅周辺ってバスのロータリーがあったりタクシーがたくさんいたり飲食店がこれでもかというほど溢れているイメージですよね。

その賑やかさが全くない。
周辺はマンションも多いんで人がいないことはないんでしょうが駅の周りに圧倒的にお店がないんですよね。

覚えているのはマック、白木屋、養老の滝くらいでしょうか。
駅からちょっと離れるとイオンがあったりスナモがあったりするんですけどね。

飲み助の私には物足りない!

スポンサードリンク


そういう時は開拓・散策・探索あるのみ。
いなりや外観

そば処発見!「いなりや」
南砂町から北上すること徒歩約10分。

商店街とまではいかないけども、商店と一軒家が入り乱れる旧街道沿いにありました。
いなりや内観-座敷

お座敷は掘りごたつ。
座りたいけども案内されたのはテーブル席。
団体さん用に空けているものと思われ。
いなりや店内メニュー

「当店のそば粉は北信州秘境の里 栄村 秋山郷の石臼挽を使用しております」とのこと。
おそばのブランド信州ということで期待がもてます。

いなりやメニュー

メニューを見るとなぜか天ぷらだけイラストに。
天ぷらのラインナップが変わるからなのかなんなのかはわかりませんが気になる!

スポンサードリンク


周りはみんな昼間っからビールやら日本酒やらを飲んでおります。
一人で若い女性が来店してきたり、ボトルキープした焼酎をしっぽり飲んでる人も。
うう、飲みたいがまだお昼。ここはぐっとこらえることにしましょう。

江戸前天せいろ
江戸前天せいろ1,580円。
天ぷらのラインナップは左かられんこん、ししとう、ナス、キス、海老天、(大根おろし)、奥の穴子、隠れてるネギ。

いなりや天ぷらアップ
背後に寝そべっている穴子のサイズが巨大なこと!
他の天ぷらもサイズは大きめなため、写真より実物に驚くと思います。

エビはぷりぷりというよりぶりっぶり!身が詰まってます。
キスもさくふわでしっかりお魚の旨味が感じられます。

そして大きな穴子を口いっぱいにほおばった時の幸せ!
あなごくんありがとう!
いなりや野菜天

相方の注文した野菜天せいろ980円。
ピーマン、ナス、れんこん、かぼちゃ、かき揚げとボリューミー。

お蕎麦も十分な量とコシでお腹いっぱいです。
蕎麦湯も小諸そばでいただくものより白濁してとろみが強く、それはそれはおいしゅうございました。

メニューが豊富で焼肉丼やらカツ丼なんかのご飯ものを単品で食べられてる方もいました。

余談ですが、、
店を出るときにお会計を済まそうと相方と二人でレジに向かうと店員さんから「お連れさんは外にでてください!」と強めの口調で言われびっくり。
更に来店された別のお客さんが店のドアを開けて入ろうとしたらこれまた「外でお待ちください!」とぴしゃり。

なんだかな~。まあでもおいしかったんでまた伺いますけどね。
その時は郷に従いましょうw

いなりや
住所:東京都江東区南砂4丁目7-25 いなりやビル
電話番号:03-3648-2121
営業時間:11:00-20:00
定休日:木曜日
※2018年6月訪問。お店の情報は変わることがございます。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA